主婦・会社員の方

a-1-1キャプチャ

【株ドカン】

広告 株ドカーン 200-241

デイトレで稼ぐ!


最近の記事


全ての記事を表示する


関連タグ

注目株 注目銘柄 株初心者 株式投資 株ブログ デイトレ 仕手株 急騰株 銘柄 これからの注目株  スイングトレード 材料株 株式動画 テーマ株 株式講座 後場 株式市場 投資 ストップ高 日経オプション FPG 暴騰 低位株 フィンテックグローバル 日経225先物 ジェイコムホールディング 青山財産ネットワークス 東京株式市場 急騰銘柄 稼ぐ IPO投資 IPO 投資法 インフォテリア 日経225 日経22先物 日経225 日経225ミニ 鉱研工業 トリケミカル 三菱化工機 ネクス 特定筋 空売り 上方修正 フィスコ デイトレ銘柄 FPG セミナー サクセスホールディング 日経先物225 日経225先物オプション プロバスト 投資ノウハウ 夢真ホールディング fx フューチャー 株価上昇 株式セミナー 銘柄配信 大洋工業 任天堂 日本通信 お金 ルネサスエレクトロニクス 関連銘柄 LINE関連銘柄 ミクシィ 日経225先物オプション 電力小売り自由化関連 バイオ関連銘柄 株初心者講座 株の買い方 神王リョウ デイトレ低位株 信用取引 IPO投資無料動画 明日のデイトレ銘柄 買い材料 今週の注目株 高配当銘柄 米国株 株主優待 円安 大型株 無料セミナー 急落 スイング 同値撤退 利益確定 アノマリー 勝負銘柄 日経先物 選挙 損切り 暴騰株 株式無料動画 株式無料講座 割安株 短期注目株 日経平均 株式相場 ポケモン関連 LINE 資金 大穴株 オーストリアの大統領選挙 幻のSQ 明日からの注目株 クラリオン カジノ デ・ウエスタ デイトレ株式無料動画 デイトレ日本通信 デイトレ株式市場 個別材料 手法 大化け株 Divvee 株投資方法 株投資法 テーマ ハピネット チャート 紫垣英昭 相場師朗 富豪ファミリープロジェクト 四季報 テーマ銘柄 プロトレーダー デイトレ手法 デイトレ明日のデイトレ銘柄 アドウェイズ イタリアの国民投票 株トレード 株無料セミナー ゲーム関連銘柄 動画 海外相場 上総介 短期投資 トレード法 投資顧問 期間限定 株式投 株式投資情報 デイトレこれからの注目株 NY市場 米雇用統計 無料プレゼント 8月の注目株 7月の注目株 7月のこれからの注目株 タツモ UEX 高値更新 押し目 ミナトホール 短期銘柄 株式手法 トレード マイナス金 大化け銘柄 ピクセラ フィンテック関連銘柄 利耐火金庫 日本アイエスケイ 介護 保育 マネー ドローン関連銘柄 電力小売り自由化関連銘柄 東京市場 日銀総裁会見 株式投資セミナー 東理ホールディングス 原発関連 そーせいグループ トレイダーズHD 注目株8704 澁谷工業 アドバネクス マイナンバー関連 エイチーム 瞳の一押し銘柄 じげん デイトレマイナンバー関連銘柄 ひまわり証券 スマホ バイオ関連株 お金儲け お金を稼ぐ 副業 トリケミカル研究所 仕手化 介護ロボット銘柄 一押し銘柄 瞳の注目株 国策銘柄 無料公開 デイトレ急騰株 仮想通貨 注目銘柄スイングトレード大化け銘柄 エコナック テリロジー くろがね工作所 プロルート丸光 秀英予備校 フォーバル ジオネクスト 日本コンピュータ・ダイナ インプレス JPX日経400 メガネスーパー 丸山製作所 バイナリー フジ・メディア・ホールディングス 無料動画 日本プラスト TOB 投資家 会社四季報 コミュニティ 


来週の東京株式市場はもみあいの展開となる見通しとの意見が多いですね、日経平均は今週前半、1万2000円台まで下落した後、米緊急利下げや景気対策を好感して反発。1万3600円台まで回復、サブプライムローン(信用度が低い借り手向け住宅ローン)問題に端を発した信用収縮への懸念はひとまず後退した形だが、米国のリセッション入り懸念など実体経済への不安は払しょくされていません、来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)や国内企業決算が予定されています。

信用収縮不安を背景にした世界的な株価の下落を受けて、米連邦準備理事会(FRB)が0.75%の緊急利下げを実施したほか、米国政府による景気後退入りの回避を目的とした景気対策、さらにモノライン(金融保証会社)への救済策など、金融・財政の両面から金融システムを下支えする決定が矢継ぎ早に出され、株式市場にはいったん安心感が・・・・

29日と30日に定例の米連邦公開市場委員会(FOMC)が控えています「株式市場は0.50%の追加利下げを期待している」(投信投資顧問)との声も出ており、米連邦準備理事会(FRB)が市場の期待に応えるか注目される。「利下げはするだろうが、0.25%の下げ幅だった場合、米国株式市場がどのように反応するかわからない」(国内投信)。

その他、28日はブッシュ米大統領一般教書演説が予定されています、30日は第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値の発表があります、経済成長の鈍化が確認されれば、再び実体経済の悪化が焦点となり波乱含みの展開となる可能性があります。

テーマ : 主婦の投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2008/01/28 22:46 | 嵐のすべて | リセッション 今朝のBloombergコメントです一時のリセッションムードがFEDの緊急利下げで払拭され反発。89以下の売りは残せずで、底固さが戻ると思...

 | BLOG TOP |