【株ドカン】

広告 株ドカーン 200-241

日経ドカン!

体験者の声…おかげ様で、先月は100万円の利益が出ました。 専業主婦でも稼げるのが素晴らしいです。
↓↓↓
《完全無料》即金投資 【日経ドカン!】

デイトレで稼ぐ!


日経225取引


最近の記事


全ての記事を表示する


関連タグ

注目株 注目銘柄 株初心者 株式投資 株ブログ デイトレ 仕手株 急騰株 銘柄 これからの注目株  スイングトレード 材料株 株式動画 テーマ株 株式講座 後場 株式市場 日経オプション FPG ストップ高 暴騰 低位株 投資 東京株式市場 フィンテックグローバル 稼ぐ 青山財産ネットワークス 急騰銘柄 ジェイコムホールディング 日経225先物 ネクス 日経22先物 トリケミカル 鉱研工業 日経225 日経225 空売り インフォテリア 三菱化工機 投資法 日経225ミニ フィスコ IPO投資 上方修正 IPO 特定筋 FPG サクセスホールディング ルネサスエレクトロニクス 大洋工業 プロバスト 株式セミナー 関連銘柄 日本通信 ミクシィ LINE関連銘柄 デイトレ銘柄 セミナー 投資ノウハウ フューチャー 株価上昇 fx 夢真ホールディング お金 バイオ関連銘柄 銘柄配信 日経225先物オプション 日経225先物オプション 電力小売り自由化関連 任天堂 日経先物225 明日からの注目株 クラリオン 大穴株 デイトレ明日のデイトレ銘柄 紫垣英昭 相場師朗 動画 デ・ウエスタ カジノ テーマ 富豪ファミリープロジェクト 株トレード 株無料セミナー フジ・メディア・ホールディングス 海外相場 保育 信用取引 介護 無料セミナー 株式無料講座 日本アイエスケイ マネー 株式無料動画 国策銘柄 株初心者講座 明日のデイトレ銘柄 買い材料 エイチーム フィンテック関連銘柄 IPO投資無料動画 株の買い方 大型株 プロトレーダー 幻のSQ 高配当銘柄 デイトレ低位株 米国株 LINE 資金 オーストリアの大統領選挙 Divvee 今週の注目株 円安 株主優待 同値撤退 急落 利益確定 損切り スイング 割安株 短期注目株 日経平均 四季報 チャート 大化け株 ポケモン関連 手法 ハピネット 株投資法 じげん デイトレ日本通信 株投資方法 テーマ銘柄 個別材料 ゲーム関連銘柄 イタリアの国民投票 デイトレ手法 神王リョウ アドウェイズ デイトレ株式市場 デイトレ株式無料動画 株式相場 利耐火金庫 メガネスーパー TOB 短期投資 トレード法 JPX日経400 テリロジー くろがね工作所 プロルート丸光 株式投 投資家 NY市場 デイトレこれからの注目株 丸山製作所 無料動画 米雇用統計 会社四季報 株式投資情報 日本プラスト エコナック 秀英予備校 短期銘柄 高値更新 UEX ミナトホール 押し目 期間限定 無料プレゼント 8月の注目株 7月の注目株 7月のこれからの注目株 日本コンピュータ・ダイナ インプレス フォーバル ジオネクスト アドバネクス タツモ 澁谷工業 株式手法 トレード 一押し銘柄 電力小売り自由化関連銘柄 トリケミカル研究所 そーせいグループ 瞳の注目株 上総介 無料公開 デイトレ急騰株 仕手化 介護ロボット銘柄 アノマリー マイナス金 投資顧問 選挙 大化け銘柄 ドローン関連銘柄 コミュニティ ピクセラ トレイダーズHD 副業 日経先物 スマホ バイオ関連株 東京市場 注目銘柄スイングトレード大化け銘柄 バイナリー 株式投資セミナー 日銀総裁会見 お金儲け ひまわり証券 原発関連 注目株8704 お金を稼ぐ 瞳の一押し銘柄 東理ホールディングス デイトレマイナンバー関連銘柄 マイナンバー関連 暴騰株 



営業利益は1.8倍に

月間純増数は4カ月連続で10万を超える

2~3年以内にネットワークを統合する考えを披露

 「沈みゆく船を買ってしまうのではないかと揶揄されたが、実際はボーダフォン時代に比べて純増数を増やすなど持ちこたえた。これからが腕の見せ所――」。

 ソフトバンクが2007年5月8日に開催した2006年度(2006年4月~2007年3月期)の決算会見で、孫正義代表取締役社長はボーダフォンから買収した携帯電話事業が順調に推移視していると強くアピールした。今回の会見は、2006年5月1日にソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン)を連結に加えてから迎える初めての通期決算となる。

 同社の連結ベースの売上高は2兆5442億円、営業利益は2710億円だった。前年同期はそれぞれ1兆1086億円、622億円であり、前年同期比で129.5%、335.1%増となった。これは、連結対象の業績の半分以上を占める携帯電話事業の買収効果である。

 孫社長は、携帯電話事業そのものも好転しているという。その指標として具体的に示したのが、契約者数や収益性、ユーザーの加入者数である。契約者数については「番号ポータビリティーの導入により、各種調査や報道、アナリストが加入者の激減を予想していたが、現実は大幅に改善した」(孫社長)とする。年間の純増数は前年の22万件から85万件と、約4倍となった。1カ月あたりの純増数は、ここ4カ月は10万件を超えており、特に2007年4月は20万を超える実績があったという。

 携帯電話事業部門の営業利益は1346億円で、前年比1.8倍となった。営業利益率は9.4%であり、2006年度のNTTドコモの利益率16%、KDDIの携帯電話事業の利益率14%を下回っている。

 このほか、ユーザーに対する好感度調査の結果が好転していることなどを挙げ、ボーダフォン時代に比べて「段違いの改善」と胸を張った。

 ただし、現在は事業の建て直しを図る初動期と位置づけているという。今後5年の顧客基盤を拡大し、新サービスを投入する成長期を経て、10年以内には安定収益を得る収穫期を迎えたいという青写真を示した。その実現手段として、現在はソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイルが別個に保有するネットワークを2~3年以内に統合し、さらなる効率化を図るという。

(吉田 洋平、菊池 隆裕=日経コンピュータ)  

テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | BLOG TOP |