主婦・会社員の方

a-1-1キャプチャ

【株ドカン】

広告 株ドカーン 200-241

デイトレで稼ぐ!


最近の記事


全ての記事を表示する


関連タグ

注目株 注目銘柄 株初心者 株式投資 株ブログ デイトレ 仕手株 急騰株 銘柄 これからの注目株  スイングトレード 材料株 株式動画 テーマ株 株式講座 後場 株式市場 暴騰 ストップ高 投資 低位株 FPG 日経オプション フィンテックグローバル 稼ぐ 東京株式市場 青山財産ネットワークス 日経225先物 ジェイコムホールディング 急騰銘柄 ネクス 鉱研工業 日経22先物 空売り 日経225 トリケミカル インフォテリア フィスコ 三菱化工機 投資法 日経225ミニ 日経225 上方修正 IPO IPO投資 特定筋 FPG サクセスホールディング ルネサスエレクトロニクス 大洋工業 株式セミナー 関連銘柄 デイトレ銘柄 日本通信 ミクシィ LINE関連銘柄 セミナー fx 夢真ホールディング 投資ノウハウ フューチャー 株価上昇 プロバスト お金 日経先物225 銘柄配信 任天堂 電力小売り自由化関連 バイオ関連銘柄 日経225先物オプション 日経225先物オプション 紫垣英昭 相場師朗 デイトレ明日のデイトレ銘柄 動画 株トレード デ・ウエスタ クラリオン 明日からの注目株 カジノ テーマ 富豪ファミリープロジェクト フジ・メディア・ホールディングス エイチーム 株無料セミナー 買い材料 無料セミナー 介護 信用取引 株式無料講座 株式無料動画 株式相場 マネー 保育 国策銘柄 フィンテック関連銘柄 明日のデイトレ銘柄 大穴株 海外相場 IPO投資無料動画 大型株 株初心者講座 株の買い方 プロトレーダー 幻のSQ 米国株 デイトレ低位株 円安 高配当銘柄 LINE Divvee 資金 今週の注目株 株主優待 割安株 急落 利益確定 日経先物 同値撤退 スイング 短期注目株 日経平均 損切り 四季報 チャート ポケモン関連 大化け株 神王リョウ 株投資法 株投資方法 暴騰株 ハピネット デイトレ日本通信 手法 テーマ銘柄 ゲーム関連銘柄 オーストリアの大統領選挙 デイトレ手法 イタリアの国民投票 アドウェイズ 個別材料 デイトレ株式市場 デイトレ株式無料動画 じげん 利耐火金庫 短期投資 メガネスーパー TOB JPX日経400 プロルート丸光 エコナック テリロジー くろがね工作所 株式投 株式投資情報 無料動画 デイトレこれからの注目株 株式手法 NY市場 日本プラスト 投資家 会社四季報 米雇用統計 秀英予備校 フォーバル ミナトホール 短期銘柄 高値更新 押し目 8月の注目株 投資顧問 期間限定 無料プレゼント UEX 7月の注目株 ジオネクスト 日本コンピュータ・ダイナ インプレス アドバネクス 澁谷工業 7月のこれからの注目株 タツモ 丸山製作所 トレード 一押し銘柄 電力小売り自由化関連銘柄 ドローン関連銘柄 瞳の注目株 デイトレ急騰株 そーせいグループ 上総介 無料公開 トリケミカル研究所 仕手化 選挙 アノマリー トレード法 マイナス金 大化け銘柄 介護ロボット銘柄 ピクセラ コミュニティ 副業 お金を稼ぐ 東理ホールディングス 勝負銘柄 スマホ 注目銘柄スイングトレード大化け銘柄 東京市場 株式投資セミナー バイナリー 日銀総裁会見 バイオ関連株 お金儲け 原発関連 注目株8704 トレイダーズHD 瞳の一押し銘柄 マイナンバー関連 ひまわり証券 デイトレマイナンバー関連銘柄 日本アイエスケイ 


 注目のG7(先進7ヶ国財務相・中央銀行総裁会議)が閉幕。共同声明には「世界経済は過去30年以上の間で最も力強い持続的拡大をしている」との共同声明が採択され、為替相場につきましては中国に人民元相場の一段の柔軟性を要請する内容が盛り込まれています。

 円相場につきましては特に円安懸念に対する言及はなく、このため、為替市場では1ドル=119円台前半の円安に振れており、対ユーロでは一時1ユーロ=161.46銭と初の161円台乗せ。1999年のユーロ導入以来の最安値を更新となっています。また、NYダウは59ドル高の1万2612ドルとなっており、週明けの東京株式マーケットは堅調な気がします。


G7で円安を問題視する発言出ず、金融政策運営は声明と整合的

「ワシントン 13日 ロイター] 尾身幸次財務相は13日、7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見で、会議では円を取り上げて問題があるとの意見は出なかったことを明らかにした。2月のエッセンG7では円安を懸念する発言があったが、エッセン後の為替市場が円安ではなく、ユーロ高で推移していることを挙げ、環境の変化を強調した。

 会見には福井俊彦日銀総裁も同席。会議では2月利上げについて説明し、先行きの金融政策運営について「経済・物価情勢の変化に応じて徐々に金利水準を調整する」と説明したという。福井総裁はこうした金融政策運営の考え方は「コミュニケに盛り込まれた金融政策の考え方と平仄(ひょうそく)が合う」と語り、政策運営の方向の妥当性を強調した。

 <円を問題視する発言なく>

 ユーロ/円が史上最高値を更新するなかで行われた今回のG7では、「円」のみならず、ユーロについても尾身財務相は「アクセントのついた話はなかった」と述べ、エッセン会合との違いを強調した。


 最近のユーロ高・円安については、尾身財務相は具体的な水準についてコメントすることは控えるとしながらも、エッセン後の市場は「ドル、ユーロ、円ではユーロ高になっているのが正しい理解」と述べ、円安ではなくユーロ高であると強調した。

 <金融政策運営は、コミュニケと整合的>

 一方、福井日銀総裁はG7では「世界経済全体としてはバランスがとれた形で堅調な拡大を続けているとの認識が共有された」と指摘。堅調な成長を維持するために重要な認識が共有されたと語った。

 G7が共有した共通認識として、福井総裁は、金融資本市場の健全な機能維持と構造改革の促進とあわせて「物価安定を確保する適切な金融政策の運営が重要だということがコミュニケのなかにも明確に示された」と指摘。

 | BLOG TOP |